TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

2/15 BA26 Club World

2016/09/19

スポンサードリンク

結局WT+からCWに

香港からは、3時間乗り継ぎでBAに乗換↓

こう買った有償チケです。ヒースローもなんだけど、BAってエメラルドとかサファイア、ルビーもここ使えます!って表示ある?ダメ―とか言われたら恥ずかしい&誰も並んでいなかったから素直にCW (Club Worldね。自然を愛する日本語話す外人ではない。ニコル。) でチェックイン。一旦荷物取って再チェックインしてみた。そしたらけっこうCXの搭乗券で乗ってる人多かったよ。そのままスルーできたっぽい?でも何かBAがやらかしたら怖いので、時間があるならピックしたい。

ラウンジで色々作業

末期のF WINGへ↓

シャワーちっこいなー↓

ラウンヅのプリンターが壊れていたので、落ち着いているけどしょーもない系のBA/QFラウンヅへ↓

ここでヒースローエクスプレスとかNYのテルホとか手配。

ロンドンでは6時間程度あるので外出てみる。NYのテルホは全く泊まりたいところがなかったのですが、ウルトラ先生がAndaz良さげですよと情報くれたので、そこにしてみる。実際すげぇ良かった。

では御搭乗~

この便、ドル箱路線ですね。香港で夜まで仕事+会食してからでも乗れる。そっからロンドン着いて仕事直行も可能。恐ろしい便です。さぞかしスーツ系多いのかと思いきや、けっこうラフな人々ばかりでした。アライバルラウンジで変身するんだけど。御搭乗↓

BAのジャンボ↓

横にはトリプル。数十分後にこれまたロンドンに向かいます↓

機内はお馴染みですね↓

ボンボリがシャレオツ↓

さてこの椅子、後ろ向き窓側最後列席に座ると、ものっすごい個室感があります。ファーストクラスは開放的なので、最もプライベートな空間というテーマだと、この席が機内一。壁上げちゃえば↓


部屋です。しかしながらこの仕切り、斜め上からは完璧に透けて見えるんですね。スッチーが手元の食事どうなってるか等々見る事ができるわけ。おっさんが寝てるかどうかも見える↓

なので良い子のみんなは、ここであんなことやこんなことしたる~とか考えちゃダメだよ。ロンドンまで暇だけど、ダメだよ。見えるんだ。

サービス開始

こんくらいで食事開始↓

サラダとパルマハムだけもらいました。アメニティはしょぼい袋に入ったエレミス↓

せっかくEUに行くのでEUの御勉強。EUメルトダウン↓

ひたすら寝る。こんくらいで起きる↓

若干腹減ったのでクラブキッチンと言う名のセルフ冷蔵庫へ↓

カロリーメイトみたいなお菓子。これ好きです↓

また寝て起きるとバルト海↓

ヘルシンキは最短ヨーロッパです。9時間です。とか言ってたけどさ、意外に欧州の中心からは遠いね。多分ロンドンから3時間とか4時間とかかかるのではないか?

朝食開始↓

どひゃー。中華を選択したら、なんかゲロゲロだったよ。
ファストトラックもらうも、朝6時から。到着は朝4時台なので使えず…

この席、なんかすっごい寒くてさ、この壊れた壁からものっすごい冷気が流れ込んできていた↓

靴がガリガリ君ぐらい冷たくなっててびっくりしたよ。到着↓

オーバーヘッドが二重ロックでイケテル↓

悪名高きヒースロー入国、ファストトラックも使えない!と思っていたら、All Other Passportは前に1人しか並んでおらず秒殺。EU Passportの方が混んでいた。

到着 アライバルラウンジへ

荷物はファーストでささっと↓

サービス控えめ、腹減ったら勝手にどうぞ、シートの寝心地は最高。こういうサバサバしたBA、なんか高級UAって感じがして好きです。到着後も世界最強レベルのアライバルラウンジが使えて最高。シャワって↓

軽くつまんで↓

シャワっている間にスーツのプレスなんかも無料でやってくれます。香港で夜まで仕事して、そのまま飛行機乗り込んで5時にはアライバルラウンジ、ここでパリッとしてから出勤なんていう恐怖のスケジュールも実現可能。

スポンサードリンク

-AIRLINES - British Airways
-, ,