TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

4/XX BA15 SIN>SYD WT

2018/05/04

スポンサードリンク

BAの以遠便乗ってみよう

WTなら往復S$600台、WT+でも往復S$1,200ちょいで乗れるSIN-SYDに挑戦。しかも日帰り。休みが少ない、でも私の好きなオバハンが総監督を務めるシドニービエンナーレ見に行きたい。この際乗っちまえ!

さて~チェックインに向かうと、エメラルドはあっちと言うサインが↓

こんなところが使えるのか↓

座ってゆったりチェックイン。イミグレにもこの奥からダイレクトアタックできる↓

はいはーい、もらいましたよー↓

なんと便利

ラウンジ行って御搭乗

ラウンジはこちら。

SINのイライラゲートセキュリティにもこれがあって良い↓

BAの中ではハズレ77W

前の子持ちの荷物持ってやった↓

こども嫌いなんだけどね~。

座席は最後列。ヤンキーなんで、バスも飛行機も最後列だ↓

わお誰も居ない↓

けどこの後ド満席に。そして座ってみるとピッチが狭い!

このシートは初体験なんだけど、JALっぽい?枕がハンモックスタイル。最近の座席にしては固くなく、えびちゃんでもいけそう。これで7-8時間頑張ります。

では飛行開始

新しいビデオはアニメから変わり、ゴードンラムゼイとかが出てくるものに↓

わかり易くて良いね。そしてゴードンラムゼイがきつーいmust口調で

「脱出の際は速やかに近くの出口に行くこと。手荷物は絶対に持って行くな。いいか、絶対にだ!」

と叱ってくれるのが、これまた良い。

エンタメは自己調達の岩井俊二作品↓

いやー、わっけわからない。ウォンカーワイくらいわっけわかんない。

食事1

チキンとマッシュポテト↓

食える。このサラダのチキン中華味だったら殺すって思ってたら、案の定中華味だった。

ちなみにスッチーはMFの若者ばっか。少年少女ばっか。

ちょっと寝てこの辺↓

おお!オーストラリアに入った。ゴールは近い!と思いきや

またちょっと寝たらまーだオーストラリア。オーストラリアはデカい↓

そう考えると、パースロンドン直行ってなんかインチキな気がしてならない。

食事2

地味にこのサンドが美味かった。ベーコン入ってて、豚肉が見に浸みるぜ~。感覚。

ようやくシドニーへ↓

機長:「みなさん長旅お疲れ様でした~。ものすごいダウンでアンダーな場所まではるばる南下してきました~。」

これブリティッシュジョークなのかな?

で、今回のロングエコ、意外に楽に過ごせたし、やっぱBAって周りのお客さんがストレスに感じない。隣居たんだけど、トイレ行ったの自分が席を立ってた1回だけ。あの何も特別な事求めていない感がいいよね。一方の日系はと言うと、まだ飛行機はハレノヒ感覚、お客さんは特別って思いがあるのかな

「おい、水割り!何で牛肉が残っていないんだ~!寒いんですけど~。」

カオス。寒いとか申し出る女むかつくよね。新幹線にも居るけど。何故お前一人の為に客室内温度を変えなければならないのか。そういう事言う女って大体ブスだし、じゃあお前みたいなブスは凍え死んで子孫、遺伝子残すな。と思うわけです。美人はストールとかちゃんと用意している。これまたストール巻いたお姿がお美しい。

そうそう、最後尾シートはギャレーもトイレも近くて便利。悪い点と言えばバー状態になってダウンアンダー人がビールを求めてやってきてしゃべってる事くらい。声が気になる人は気になるかも。ただ自分は良い席だと思った。

では街へ出よう

入国がものっすごい簡素で良い↓

誰とも話すことなく、パスポートスキャンして、自動ゲートでプリクラ撮って終わり。スタンプも無し。もうさ、こういうのでいいよね。特にタイと台湾どうにかしてくれ。日本も然り。

8年ぶりのシドニー↓

荷物を預けて↓

どうやって電車乗るんだったっけな↓

なんとか思い出せた。この街はこれ便利だよね↓

スポンサードリンク

-AIRLINES - British Airways
-, ,