TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

5/XX VS004 JFK>LHR Upper Class

2019/06/07

スポンサードリンク

JFKでも快適だったSKY PRIORITY

さぁ、花形路線、VSのJFK>LHRに乗るよ↓

Deltaとの関係か、VirginのJFKはT4↓

エミレーツとかエアインディアとか居て、ゲロゲローって思ったんだけど、成田でも快適なSKY PRIORITY、JFKでもガラガラで、エミ客とも触れ合うことなく快適にセキュリティを越えられた↓

デルタでもこんだけ、VSはゼロ待ち↓

ちょっと座るスペースもあって良い。荷物繰りとかできる↓

ラウンジ行って御搭乗

非常に良いラウンジ行って御搭乗。っぱデルタとの関係か、SQも居る↓

本当はA340-600目的でこの便を取ったんだけど、機材変更、789に。それこの前乗ったよ

Lady Freedom

なんか乗込んで若干安心感があるのは、体育会系の国アメリカの弱肉強食の街NYCから文化系の国イギリスに来たからだろうか。

ちょっと待った、何だこのコップ。とりあえず瓶ビールで乾杯みたいなコップ。これイケてないね。

最強スッチー Lucyのサービスが始まる

今年最強のスッチーに出会ってしまった。その名もLucy

る:「あなたVirginは初めて?」

て:「2回目っす。」

る:「ラブリー!見てこの方2回目なんですって~!(両隣初めて) では質問です、呼び出しボタンはどこでしょう?」

て:「これ。」

る:「押してみて。」

て:「マジ?押す。ぽん♪」

る:「嫌だわ消して~。では質問です。押すと何が起こるでしょうか?」

て:「スッチーが来る。」

る:「あたしが来る!ルーシーよ!よろしく。ロンドン着くまでオールナイトぶっ通しで乗務してるから、呼んでね!」

そしてパジャマは

る:「ほら~男はデカくなきゃ~。」

とLサイズのパジャマを渡される。ここ夜行便だけパジャマもらえるんだよね↓

メニューと朝食オーダーカード↓

離陸後のディナーはこんな感じ↓

そして夕刻のJFKを離陸

飛んだらパジャマに。着替え椅子みたいなのがあって良い↓

コップでシャンパン&紫芋クリスプス

再びジョアンナラムレイ↓

驚くジョアンナラムレイとルーシー↓

やっぱここのスッチーってBAとはキャラとサイズが違う。デカい上にキャラが濃い。パンクみたいな人から巨大なのからルーシーまで。

飛ぶとLHRまで5時間しかなくて、けっこうキツイ。18時に飛びます。7時間です。例えばNRT>SINなら0時着でしょ。これJFKから東にロンドンまで飛ぶと朝6時なんだけどJFKは午前1時。寝ないとキツイワケ↓

サービス開始↓

メインはいかず、POKEと↓

これ美味かった。サラダだけ食った↓

乗ってる人の格好がやっぱBAと全然違うんだけど、もっとカジュアル。流石にこの時間帯はきついせいかバーは利用者おらず↓

寝床の準備をしようとすると、ルーシーがすっ飛んでくる

る:「あなたベッドつくれるの?この椅子はスライドダウンしないのよ。背もたれ前に倒すのよ。」

大丈夫。2回目よ。

4時間くらい寝て朝食。この辺↓

とりあえずジュース↓

青汁、フルーツとヨーグルト、紅茶を頂く↓

そして到着。けっこう短い上にきつい。サービスはこれはアタリハズレあるかもしれないけど、A340-600を逃しても最強スッチーことルーシーに会えたのは良かった。あぁ、340、君はJFKからどこにアサインされたんだい?

そしてRevivalsになだれ込む。

やっぱBAと比較すると、ラウンジ、ハードどちらもVSのが上なのでは?と思う。ネットワーク考えるとどこからでも飛べるBAとイギリス以外から繋げないVS考えると圧倒的にBAのが勝ちだけどね。

スポンサードリンク

-AIRLINES - Virgin Atlantic
-,