TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP>TOY

沙石で満寿泉を飲み比べる

2021/04/19

スポンサードリンク

けっこう世界に発信してる面白い富山のお酒

お店はここ。満寿泉が恐らく直営している "有料試飲場" という位置付けのお店です。ガラス美術館の前からはトラムで1本、210円でアクセスが可能。終点の岩瀬浜で降りて、運河沿いを散歩しながら歩いて10分ちょい?

途中スーパーカー屋さんみたいなのがあるんだけど、白海老漁師の道楽だそうで、すげぇな。全体的にこの辺、ちょっとお金に余裕ありそうな雰囲気出てるんだよね↓

んでもって到達しました、このエリア↓

ほくぎんもこの構え↓

 

ここが目的地の沙石

でっかく満寿泉って書いてあるのでわからない人はいないはず。暖簾くぐっていくと、ワンダーランド!

わお!一本杉!一枚板のバー!すごすぎるぜ!

気になるお値段は、試飲用の升を購入し、1杯あたり300円から500円を払う、升がいらないなら3杯1,000円(300円1杯、400*1, 500*1の組み合わせ)↓

おつまみもあるよ↓

左から300円、400円、500円↓

そしてアルティマプランが2,000円で30分飲み放題+水。当然これに挑戦。これは貸してもらえる↓

が、ここはFabulous北陸したいじゃん。ガラス美術館で購入した越碧冷酒グラスで飲みたい。ほら、昔観ていたさ、野際陽子と浅野ゆう子が香港やらシンガポールに旅行行って、チャイナドレスオーダーメイドして夕食に着ていくああいう旅番組のような感覚でね。更に香りも楽しみたいのでRIEDEL O TO GOも持参↓

結果的にこれがいちばんおいしかった。まずは工芸品で↓

いいねー!でも香りが楽しめるのはやっぱこっち。水で流しつつ両方楽しみましょう↓

ちなみにこのRシリーズはドンペリの酵母もらってつくってるんだって。立山でLVMHが日本酒やるじゃん。あと"旅人"が繋いでるんじゃないかな↓

おつまみセット300円も追加。これもまたストーリーがあって、ホタルイカが後ろの純米大吟醸プラチナの酒粕にくぐらせて干したもんだとか。ちょっと炙りたくなったよね。氷見のアンチョビもニッポンのアンチョビ感。臭くなくて非常に美味↓

でこのお酒も当然ながらWOW

絞り系はここでしか飲めない?

これはもうワインの域

ほら

古酒もいけるよ。あんまり得意じゃなさそう&申し訳ないので少量↓

この価格っす↓

これはシーバースリーガルの樽をどうこう↓

これももうワイン。98年

06年

一周廻ってこれが優勝だな!ってことでフィニッシュ!

10杯か。Pay as you goで行ったらJPY5Kでしたね。

感想

満寿泉個人的に好きなんだけど、多分海外ウケする味だからかな?確かTHE ARAKIも満寿泉?富山の酒って割とガッツリ魚と合わせて食おうぜ!って味なんだけど、ここのはワインのようにさらっと飲める。こんなにバリエーションがあったのかー!そしてめちゃめちゃ美味しいじゃないかー!(日本酒詳しくないけど)という感じ

朝一オープン攻めしたんだけど、夜まで酔いを引きずれる感じ。けっこうヤバいよ。でもネタとしてはすごく面白いと思うし、かなりのFabulous Hokuriku案件だと思う。

スポンサードリンク

-FABULOUS HOKURIKU