TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

Four Seasons Hotel Tokyo at Marunouchi

2018/01/15

スポンサードリンク

気になっていた東京のホテルに泊まる

東京勤務時代モーニングランで何度か来たフォーシーズンズなんだけどね、当時からの印象は、こじんまりと落ち着いていて、2回目以降からの予約は無言でサイズの合ったウェアと靴を貸してくれる完璧なサービスをしてくれる、外資系にしてはつんつんしてない良い感じのホテル。今回日本最終日に泊まってみた。

まずはモーニングランと朝食から

よく居るじゃん、アーリーチェックインごねる奴。経験と考えが甘い!ほっとんどのホテル、部屋はくれなくてもプールとかジムとかは使わせてくれる。水着忍ばせてプールのサンラウンジャーで寝るもよし、運動するも良し、いくらでも暇は潰せるのだ。

なので、チェックイン日、走りたいから早朝から攻める↓

ジム使わせて~って言ってモーニングランする。ここもちゃんとしてて、荷物下で預けてジム行くって伝えたら、上で待ち構えていたお姉さん

「てっぺこりん様ですね~。」

と完璧な引継ぎ。流石は57部屋規模のホテル。相変わらず落ち着いている↓

ランニングから戻って朝食

ekki BAR & GRILL時代以来の四季朝飯だったんだけど、今はBuffetになってんのね↓

混雑もなく、ゆったり。Buffetは自分の好きな種類は少ないけど一品一品が上質なタイプ。いいわ~↓

上のオレンジとかりんご、実はママレードだったりする。すごい贅沢だよね、まるごと。エッグベネディクトは2個頼んだらでかすぎて満腹↓

角っこは昔ソファーだったけど今はテーブルに↓

では部屋行ってみよう!

部屋もらう時もけっこうちゃんとしていて、早朝手続きしたじゃん。3時チェックインなんですけど、早めに用意できたらメールします~。なんて向こうからオファーしてくれて、そのメールもらったのは森美術館に居た12時。やるじゃん!13時には戻って部屋もらった。ちょっとAndaz 5th ave っぽい感じ。すごい似ているわけでもないし、ビートも違うけど、広さとか↓

新幹線の見える風呂のある部屋をリクエスト。せっかくここに泊まるなら、あの風呂のある部屋がいい↓

どっから予約したかってさ、Dトラベル。1万円分のクーポンがあったから。更にシャンパン付プラン↓

リビングにはゲスト用トイレが仕込まれていた↓

ベッドルームはこちら。すごく良いビュー↓

この風呂に入ってみたかったのだ↓

感想 - 思った以上に良い上に、ホテル上級会員の居ないサンクチュアリ感が良い

最近思うんですよ。ホテル会員修行とか逝きすぎてない?って。マリオットチャレンジ?仕事で使う人とか、ファビュラスな大人の階段登る事に挑戦する学生やら若者なんかは良い(ほら、過去の自分もそうだったし、それがあって今があるから)として、無理してやってるしょーもない人、バカなんじゃないの?そもそもそれお前プラチナだか何だか取って使いこなせるのかよ~とか思うし、更に会員プログラムに縛られていると面白いホテル選びもできない上に、まぁ年々ラウンジのレベルもゲスト含めて下がってるよね。あとは、上級会員ベネフィット目当てに修行するよりも、都度CLUBとか予約した方が安くね?とも思う。

改めて、仕事で泊まるのはともかく(仕事で名古屋のクラウンプラザ泊まって金取って毎回ドリンク券もらえるのは嬉しいし)、無理してそういうの取りに行く人々は何なんだろうと思うよ。余程普段丁寧な扱いを受けたことがないのだろうか。そういうのがプラチナ片手に舞い上がると恐ろしい事になりそう。

こういう状況下で、会員制度に縛られないMOなんかはサンクチュアリ。半島は熱海の大型箱感があって好きじゃない。リッツカールトンはSPG客が来るようになるから崩壊だね。昔からリッツが好きなリッツフリークを裏切る結果になると自分は見ている。そしてこのフォーシーズンズも公式上は会員制度無い。いいじゃん~!コンラッドのラウンジに居るようなガツガツ乞食系も居らず、すごく落ち着いていていいよ。

更に丸の内は57部屋しかないから、けっこう目が行き届いている。外資系の看板に頼ってるだけのしょーもない系とはちょっと違う。駅と羽田へのアクセスも良いし、銀座もぷらーっと歩けてロケーションも抜群。

また羽田から深夜便乗る時に使いたいホテルであります。

 

スポンサードリンク

-HOTELS - Japan
-,