TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

北斗星に乗る (札幌→上野)

2016/12/25

スポンサードリンク

駅の大丸とかで時間をつぶし、メインイベント、北斗星に乗ってみるに移ります。札幌駅前の一番目立つところにあるビル、1階がよく乗る航空会社、上の方には代表処(台湾の大使館)。すごいな。中華にインベードされてるよ。

そしてやってきました、北斗星↓

チケット取るのが難しいと言われていましたが、AMEXのトラベルデスクに頼んでおいたらあっさり2部屋取れました。1つは4部屋しかないと言うロイヤル。もう1部屋はソロとか言う個室。
バイトでは2度ほど乗務した経験のある寝台列車 (もうない富士はやぶさなる列車の東京~熱海だけ) ですが、客として乗るのは初めて。さて、どんなもんなんでしょうか。
まずこちらはロイヤルの部屋↓

シャワー付きです↓

20分使えますが、熱湯コマーシャルのように秒単位でカウントダウンされていくので怖いです↓

乗り込むと飲み物持ってきてくれます↓

シャワー用のアメニティもあるよ。ダサいけど↓

こっちはソロ。単なる寝部屋って感じですが、個室ってのはいいね↓

コンセントとかないので、その辺は注意。シャワーもついてないので、共同のシャワー室(有料。6分310円?)今回は起きてる間はロイヤルで過ごし、シャワーも使い、寝るときだけこっちに移動しました。こちらは犬部屋↓

とりあえず乗り込んでシャワー。あがった頃にはこういう大地を走っていました↓

せっかくなので、北海道デッカイドー!と叫び、イチモツを窓の外に見せつけてやります。17時発車で18時からは夕食。食堂車がありますよ。実は食堂車って初体験↓

フランス料理(?)というか、洋食のコースです↓

お食事は別料金なのですが、何故か食事の手配はAMEXではできないので、自分でみどりの窓口に走る羽目に遭います。なかなか乙なもんでした↓

食べている間に東室蘭という駅に↓

ここ過ぎると、海岸線が続く感じです↓

続きましてロビーカーなる設備↓

車掌がグッズ販売とかします。大盛況↓

1アイテムの単価がすごい高いんだけど、バンバン売れるんですよね。自分もかつては、臨時列車なんとか号なる列車に何度か乗務しましたが、乗客98%鉄道ファン、車内販売利用率98%、客単価5000円×200人=売上100万円みたいなノリでした。こういうお客さんって、かな~り凄いんだよ。この光景見てると不景気なんて1グラムも感じさせません。
時たま車内販売もやってきます。この列車、ほぼ個室なんだけど、微かな 
「お弁当~ホットコーヒィ~」
という声をキャッチしないと、けっこうつかまえるの難しいです。かつて乗務した寝台列車も、個室のところは難しかったぜ。おすすめはいか三昧↓

これうまいよ。と婆さんに教えたら、買い占めていました。
ディナーが終わるとパブタイムなるものが始まります。ディナーは和食5500円?洋食7800円?かつ3日前だかにわざわざみどりの窓口で汚職事件を買わねばならないのですが、こちらはウォークインで利用可能↓

ビーフシチューを頂きました。パブタイムの利用だけでも十分ですね。

ちょうどこれくらいの時間に函館に着いたでしょうか。機関車のチェンジをします↓

うちの婆さん↓

この婆さん、北海道で総計5万円以上の食料品を買って、千葉に送りまくっていた。自分の週末伊勢丹バンコク店とか明治屋シンガポール店でのパワーショッピングなんて比じゃないよ。南瓜2箱とかほっけ10枚とかイカの沖漬15本とか買うんだから。
そして再出発。しばらくすると、青函トンネルに突入↓

蛍光灯があるんだけど、これが青だか緑になったところが最も深い所だそうです。一応見たよ。一瞬なので写真は撮れなかった。本州に着いてから寝ました。
ほんでもって、この寝台列車の旅、豪華で高コストで優雅な旅かと思っていたら、案外そうでもなくて、ものっすごい揺れるのです。これ乗ると飛行機って全く揺れない超快適な乗り物だと思えます。船のゆったりした揺れとも違う、いわば衝撃波みたいなもんが身体を襲います。
あんまり乗り物酔いしない自分ですが、寝ている最中、口の中に酸っぱい刺激的なモノがあるな~と感じましたよ。眠いから飲みこんで寝たけど、ありゃ多分ゲロだな。5歳以来ゲロ吐いてないんだけど、とうとう記録に終止符?それとも飲みこんだから勝ち?ちなみに婆さんはほっとんど眠れなかったとか。ロイヤル譲ってあげてよかったぜ。
翌朝は意外にもすっきり目覚められ、朝食↓

食ってシャワー浴びて降車準備等々していたら、あっという間に赤羽とかになり、満員の埼京線とか京浜東北線とかを横目に優雅に上野到着↓

飛行機で1時間ちょいのところを16時間かけて、定価ベースだとJALファーストとロイヤル食事付ほぼ同じ値段ですが、ゆっくり移動ってのもいいですね。雪とか紅葉のシーズンだともっと楽しそうです。けっこう面白かったので、今度はトワイライトに乗ってみたい。ちょうど朝食時間と沿線にあるうちの会社の工場の出勤ラッシュが重なるので、その光景を優雅に朝飯食いながら見るのが目標。
そいやうちに寝台列車の本あったなぁと改めて日本の寝台列車を研究する↓

ちゃっかり今より10キロ以上痩せてる自分と元UA1Kさんのコラボとかがあったりする↓

やはり、日本の列車は楽しい!

スポンサードリンク

-TRAIN - Japan