TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

2017 ベネチアビエンナーレ 4 リー・ミンウェイ氏の新作など

会場内に戻って。なんかもう見きれない

ふとした作品が日本人だった↓

スポンサードリンク

これは日本っぽくても日本じゃない。残念なのが、これプールに浮いてるんだけどね、ボウフラが大量発生していて、ここ蚊だらけなの↓

これ面白かった。音が出てるんだけどね、面白いの↓

カフェテリア↓

スウォッチも協賛。このモデル買えた↓

李明維氏の新作 不期之美 / When Beauty Visits

今回日程が合わず、ミンウェイ師匠とは会えずだったんだけど、新作見てよ~!との事だったので、見てきた。言われなくても見に行くけど↓

この庭が舞台↓

このお姉さんが会場内を廻り、1人ターゲットを選ぶ。これは六本木でやった歌のお兄さんお姉さんの時と同じスタイルだね。

この石をどかし、選ばれた人を座らせる。

「今からギフトを取ってきます。その間はこの庭はあなたのものです。リラックスして。」

と告げられ、お姉さんが戻ると封筒を手渡される↓

「3分後でも3日後でも3か月後でも3年後でもいいので、美しいな~って人に出会ったときにこれ開けて。」

と言われる。何が入っているかは謎。

何はともあれ、良い家庭で育った人間性善説をベースとするミンウェイさんっぽいリレーショナルアートでした。自分が毎年やらかしているクソみたいなオフ会も、実はミンウェイさんの影響を受けているんですよ。知らない人同士、対話して何か面白い物事を発見してもらいたいっちゅうね。

その他

面白いパフォーマンスやってるお姉さんが居た↓

こども苦手なんですけどね、こういうので遊ぶこどもって嫌いじゃなくて。初めて直島行った時も思ったんだけど、なんかね、目に焼き付くんだよね↓

これ全部ストッキング。面白い↓

これは~何だろう↓

カフェテリアがオシャレ。全く以て有名な飯処とか行かず、会場内のカフェテリアでサンドイッチばっか食ってた。だってメインはビエンナーレなんだもの↓

すごいマイナーだったけど建築もあった↓

んなとこ~

スポンサードリンク

-ART