TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

4/5 QF128 HKG>SYD 初カンタスです

2016/12/25

台北発券のQantasは15万円ぐらいだった

さて、台北から悠々とファーストクラスで香港まで着きました。次は初めてのカンタスでシドニーまで飛びます。

意外にカンタスのレポートってブログサーチしても全く上がってこない。あんまりワンワールドヲタの日本人っていないのか、謎な部分が多かったんだけど、食事がヤバイ以外は総じて良かったです。BAもあんまりレポートを見たことがないので7月に上げますよ。スタアラをネタにしてる人は多いんだけどな~。

スポンサードリンク

では中途半端に歩かされる32番から出発↓

白人怖い~と思いつつ手に汗握っていたら、搭乗券が若干フニャフニャになっていた↓

そして搭乗です。横にLONG RANGEだか、そんなような文字が書いてあった↓

ジャンボなので、当然2階席を指定しますよ↓

座席は旅行博覧会のものですが、けっこうなフラット状態になります。若干時代遅れながらも快適。このオーバーヘッドビンの新しさと、LONG RANGEみたいな表示からすると、これはレア機材のB747-400ERなのかね?

乗り込むとまずはウェルカムドリンク↓

肘掛にはメニューとルームサービスの要領でチェックしていく朝食オーダーシートがあります。これ、離陸前に書いてスッチーに渡しておくと、到着前にその通りの朝食がサーブされまっす↓

さてこのカンタス、アメニティやらパジャマやら、色々もらえる↓

アメニティは若干かっこいい。パジャマは素直に気持ちいいよ。ヘッドフォン、どっかで見た事ある形だな。さて、続いて食事です。これはね、UAのアジア線の方がおいしい!と思えるような内容でした↓

謎のマッシュルームスープとか、鮭にパン粉浴びせて加熱したやつとか…けっこう凄かったな…この後は、機内探検もせずに爆睡。下の階にはセルフバーみたいなコーナーがあったんだけど行かず。

で、起きたら既にオーストラリアでした↓

そして起床したことを確認されると、出発時に頼んでおいた朝食がサーブされます↓

カンタスは朝食のシェイク系飲料がうまくてね、バナナシェイクをおかわりしました↓

で、シドニーはビジネスクラスだと優先レーンが使えるらしく、そのパスを頂く↓

飯食い終わると、窓の外にはシドニーの街並みが↓

空から見た感じ、すげぇ小さい街です。こんな感じで、ほぼ寝ていたカンタスのビジネス、非常に快適でした。スッチーも怖くないよ。これまでは若干重い腰が上がりませんって感じだった長距離線、今じゃなんて事なく乗れるね。寝たらすぐ目的地だよ。

スポンサードリンク

-AIRLINES - Qantas
-, ,