TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

11/23 欣欣バスツアー②

2016/09/17

さてバスは出発。最初の目的地は淡水。木柵から二高で行けば早いのだが、あえて236の路線を走ってもらう。普段乗車率の高い236を貸し切って乗るのは最高の気分だ。まずは越後屋から本日のイントロダクション及び参加者の自己紹介↓

そうこうしている間に、公館通過。これはねぇ、日常生活で台北のバスを利用した経験のある人にはわかると思うんだけど、のぞみが新大阪を通過するぐらいすごい事なんだよ。ここで歓声が上がる…

「すげぇ~公館通過してる~!!」
バスレーンを軽快に通過していく貸切車両、いや~気持ちよかった。

「大体公館でお年寄りが乗ってきちゃってさぁ~、席譲ることになるんだよね~。」

などなど、公館の苦い経験を語り始める人もいる。そう、台湾ではお年寄りには絶対に席を譲らねばならぬルールが根付いているのだ。自分の場合、公館の手前のバス停から乗り、最後列の窓側席を押さえたりしていた。後ろの席は比較的席を譲る順番がまわってこないのだ。とは言いながらも、逃げ場をつくることのできない地下鉄なんかでは席を譲っていたが。ちゃんとやってましたよ。えぇ。
そして台電大楼から快速公路へ↓

安定走行に入ったので、「車内販売」という謎のDutyを与えられた俺は、KUMAスーパーで事前購入されていたSHEのお茶と、やさいパソケーキをサビス。

実際販売はしておりません。。。

中山高を市バスで走る。これもレア↓

關渡通過↓

超台湾な車↓

3人乗りは当たり前。毎日がボリショイな台湾人↓

バスヲタの日本人女子は、これやってみたかった~と運転手の横に座る…これやってみたかったらしい。貸切なら何でもできるのだ↓

約1時間でバスは淡水に到着↓

紅楼で早めのランチを楽しみます↓

懐かしい。大学の遠足で行ったよな~。ここの揚げパンがうまいんだな。

ついでに約5年前に大学の遠足できた時の写真。当時は俺20歳でした。金蘭老師もまだ母にはなっておらず、もちろん皆無職であった…当時のが顔は輝いているな。そして金は無かったが、今よりは楽しい時間がいっぱいあったし、笑っている時間が多かった気がする。当時の気持ちを取り戻してがんばろう!

ランチを済ませ、バスは次の目的地へ。次はテレサテンの墓。公共の交通機関ではなかなか行くことができないので初体験となりました。

スポンサードリンク

-TRAVEL - Taiwan