TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

お座敷列車に乗る

2016/12/25

スポンサードリンク

ある日、元バイト先のヲタの方(元々電車が本業、でもUA1K、JGC、SFC、ヒロトンダイヤその他諸々所持)から
「マルコっ!(マルコ会員だからそう呼ばれる)いい電車走るぞっ!」
と連絡を頂き、紹介されたのがこの電車。お座敷列車東金号?だとか何とか。東金を知らない人なら、こう言えばわかる人も多いのでは
「お~ジャガジャガジャガー♪雄蛇ヶ池♪」
宜保タカ子心霊バスツアーの初回か何かで出てきた雄蛇ヶ池のある場所です。東金と言ったら、それくらいでしょうか…心霊、犯罪、辺鄙、古くて汚いラブホテルやたら多いと、あまりイメージの良くない東金。成田離着陸の時に上空から見ても負のオーラが出ている町、東金、そんな場所らへんまで行けるお座敷列車が走るということで、乗ってきました。両国駅の秘密のレッドカーペット敷かれたホームから出発↓

このしょっぼいツリー&イルミが、これから千葉に行くんだな~という事を実感させてくれる。ここは数十年前の房総行き優等列車の発着ホームだったらしい。だからレトロだ↓

こんなホームあったんだな。ホームには屋台風売店も出てた。更にはエロくない普通の詩吟を吟じているオヤジなんかもいて、ちょっとしたお祭りモードになっていた↓

んでお座敷列車↓

お~!初めて乗る!車内はほのかに畳のかほりです↓

これは座席モード。これを倒すと畳が出現するらしい↓

ミーティングスペースなる個室もある↓

車内販売もあり、お花茶屋のトレンディーボーイ(髪型とかが明らかに90年代前半で、紺ブレとか赤orモスグリーンのユーノスロードスターとか似合いそうな男。多分同じぐらいの年齢だけど怖くて聞けない)が乗務してた。接客もなんかトレンディー↓

この日のUA1Kさんが提案してきたネタは、お座敷で泡飲もう!というモノだった…んならということで、用意したモノはCXのグラス(TPEのF Lounge食器入替時に頂き。アジアのラウンジと機内では見られないであろう逸品。)とCXの御ビジで提供するDeutz Brut Classic(?)。ペニンシュラのハウスシャンパーニュでもあるらしい。機内販売品です↓

当日はもう1人、元祖UA1Kさんが加わったので、じゃぁ、プレミアムな事が好きな人の集まりなんだから、ちょっとラウンジとビジネスクラスを意識したメニューを調達しよう!と思い、米系キャリアのラウンジにあるような外人巻き(とびっ子とかサーモンとかが入っているマヨで食う巻き寿司)やら、定番スモークサーモン、生ハム、サラダなんかを用意↓


ビール、缶チューハイにから揚げや駅弁という周りのテーブルとは違うオーラを放っていた我等のテーブル…

食材が尽きてからはシャハンからつまみを購入。一気に貧乏くさくなる↓

上機嫌で千葉の暗黒車窓を見ながら疾走。食後はロイズの生チョコ↓

蘇我を過ぎると、かなりガラガラになる。短距離ユーザーが多いみたいだけど、この時間じゃ何か物足りない。終点まで行ってなんぼだ↓

元祖UA1Kさんとシャハンのトレンディーお花茶屋とは途中の大網でドロップ↓

アメリカ横断ウルトラクイズ!の脱落者のようだ。トレンディーさの中に哀愁が漂う。乗務乙!インセンティブがっぽり出ることを願うぞ。約100分の乗車を終え、たどり着いた先は暗黒雨上がりの成東駅。。。ここから帰宅です↓

うれしむなし夜帰り!俺は沿線まで家族に迎えにきてもらったが、後発のUA1Kさんは錦糸町までバック。到着時刻は23時?とのこと。乙!
んで、滅多に行かないJR佐倉駅付近、タク代だ!とのことで妹からスタバおごれ令が出たのだが、今ってドライブスルーのスタバがあるんだね。びっくり↓

そんなにコーヒー飲みたい気分じゃなかったけど、おもしろいから飲んじゃった。
そんなこんなで、定期券or乗車券+750~950円 (普通の2階建てグリーンと同じ料金) で楽しめるお座敷列車はなかなか手ごろかつ、けっこう楽しめる列車でした。今週でお座敷列車は終わりらしいけど、機会があったらまた乗りたいもんだね。夏に「納涼お座敷列車成田号」とかやってくれたら最高なんだけど。それでシャハンがトレンディーお花茶屋だったら納涼どころか、蒸し暑くてたまらないけど。。。

スポンサードリンク

-TRAIN - Japan