TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

2/16 BA175 LHR>JFK F

2017/08/30

スポンサードリンク

憧れの大西洋線ファーストクラス

アジアマイルでさらっと取ったハナガタ路線のLHR-JFK往復。かつてはコンコルドが飛んでいた区間ですね、ハナガタ路線の鼻の部分に乗ります。普通に買ったら5,000-9,000ポンドぐらい。アジアマイルだと12万でした。買えないけどマイルなら乗れる。マイルの登場により、一般庶民は上流階級の空間に食い込めるようになりました。

狙いとしては、時差の優しいLHR-JFKは昼行便でBA Firstのサービスを楽しんでみる。帰りはパワー・ワールド・エグゼクティブ御用達のSleeper Serviceで飲み食いせずに寝る。この往復のギャップが乙でしょ。

LHR T5

ちょちょっとコンコルドラウンジに滞在し、ボランジェのロゼを頂く↓

ジャンボ帝国T5、ヴァージンの広告とかあってうける。泡の価格調査とさしてましたが、やっぱロンドン安い?

御搭乗


新シートだけど、座席定員数はそのまま。凄いな。悪くはないシートです↓

窓が面白いんだよこれ↓


若干380っぽいけど20年前の744です。ほんでもって気になる客層。この便は11:00発、13:30着の中途半端な昼行便だったので、日本のヲタ(私)、毛皮の女、歳の差30歳ぐらいありそうなバラバラに座ってる男女のカップル、イタリア人のカップル(男同士、マンジャーレ~カツ~オ~!)と、けっこう濃いメンバー。スッチーもハイテンションなおばはん達で面白い。

サービススタート!

私の嫌いなちっこいお湯かけるおしぼりからスタート↓

食事です。アミューズは羊チーズ。マザー牧場のふれあい広場を思い出すかほり↓

サーモンは見るからにうまそうなフィレっすね。実際ねっちょり系で極うまでした。色々な機内食食ってきたけど、結局うまいと思うのは、こういう素材系ですね。スモークサーモン等々。続いてサラダにBAオヌヌメというビーフ↓

なんかパイの中にようわからん煮た牛肉が入ってました。ブリティーッシュな感じ。〆はデザートスキップし、エスプレッソとプラリネ。

食事終わったらこんくらい↓

毛皮は読書、歳の差カップルは謎、イタリアの男同志カップルは、マンジャ~レ~カツ~オ~!とわっしょいわっしょい。ファッション系の人々だろうな、多分。私は寝ます↓

非常に気持ち良いデュベ。ぐっすり。この辺で起きる↓

起きた後って水欲しいじゃないですか。こういう感じでドワーっと置いてあって楽↓

若干執筆活動↓

ハイテンションなBAおばはん、アフターヌーンティーの時間だよ~!と誘うも、お腹すいてないので紅茶だけ頂く↓

ポットいいよね。ポット好きです。36時間かかってJFKに到着…

右横にはAsia's world cityことKPFが居た。毛皮↓

凄いよな~こういう人。

JFK入国

悪名高きUS入国は、サラーっと終わる。ターミナル7って、入国楽そうだけど、どうなんでしょう。すごいのはさ、こう放送してるんだよね

「諸君!携帯は到着ロビー出るまで使うな~!諸君は今アメリカ合衆国に居るのだ!だからアメリカ合衆国のルールに従え~!」

偉そうな国だな。タクって5th Aveへ↓

運ちゃんがどうも耳慣れた英語と名前だな~と思ったら、ラホールから来たパキ人だった。

感想

座席は他社のファーストクラスと比べて小さいものの、自由気ままに、さらっとしたサービスで快適に過ごすことが出来た。UA程の放置でもないし、なかなか好印象。

スポンサードリンク

-AIRLINES - British Airways