TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CGP

ディスコに行く

2019/01/11

スポンサードリンク

ディスコに行きたい

クラブってよくわかんないんだけど、それはさておいて、ディスコ。ディスコは行ってみたかったのである。70's 80'sガンガンみたいなね。そういうイベントが恵比寿であると言う情報をギロッポンの丘コミュニティ(多分アラフィフ)から得たので、是非参加させてください!というノリで行ってみたぞ!で、アラフィフ(と言うかオーバー)のお兄様、お姉様方と遊んでもらいました。


いやー、結果を述べると、非常に楽しかったぞ!

お客さん達が9割5分アラフィフなんだけど、寿司ネタで言えばトロですよ。みんなトロ!楽しかった脂の乗ったニッポンを謳歌してきました。明日も右肩上がりでもう無重力だぜベイベー!不細工でもイカしたTバールーフのMR-2乗りゃ女は釣れたぜ!かわいかったら男の持ってるもの全部持ってけたわ!土地が値下がりするなんてありえねー!と言う感じムンムンなんですね。首都圏中のヘリテージを集結させて、夜になったら踊り出すナイトミュージアムみたいな。そういう雰囲気の中、70-80'sディスコナンバーをDJ Osshyがかけちゃうと。とにかく雰囲気だけで酔えるし、明日は今日よりもっと楽しいんだろうな~。てか明日仕事だけど、とにかく今は踊るのが楽しいから時間気にしないで踊っちゃおう♪何て言う陶酔感に浸れる。昔の振りやらステップを再確認すてキャーキャー言う熟女もかわいいかわいい。

バーに行けば、キャー。おごってくれるのー。ありがとうー。と言う美人のアラフィフ熟女多数。恐らく当時の女性は思い切りオンナを武器にして夜な夜な戦闘態勢を敷いていたんだと思う。オンナで男から吸い取る。男は男で吸い取られるだけの財を揃えてなんぼ。

そんな風潮が崩れて強い自立するかっこいいキャリアウーマンが台頭し始めたのは97年の男女雇用機会均等法の改正法あたりなのかな?恐らくそれまでは、どんな凄い女性も会社の中では制服と言う首輪を巻かれ男性に支配され、男性はどんなにアホな不細工でもスーツ着て制服女に指示すると言うカースト制度みたいなもんがあったんだと思う。

98年のショムニだって見てて痛快だけど、やっぱりそういう社内ヒエラルキーは感じられるよね。制服着た首輪巻かれた側がおっさん達をこらしめる下剋上的な面白さであって、あれが服装自由な女性マネージャーがおっさん達をこらしめる設定だったらただのパワハラなだけであって、何の面白みもないはず。
などと目の前に繰り広げられているリアルなタイムトリップ感満載の光景を見つつ、色々考えてしまうのである。

マルシアの夫が出てきて↓

バブルガムブラザーズがオリオリオーヤリヤリヤリヤー歌っちゃえば↓

もう気分は最高潮。The up town Tokyo Ebisu。そりゃー楽しい夜でしたわ。

んでいい時間になって、途中で抜けて帰る。気分はハイ、頭はバブルにタイムトリップのまま駅へ。

居るんですよ、ディスコ帰りの主婦。自分はりんかい線直通で新木場まで行くんだけど、湘南新宿ラインを待つ見た目はファビュラス、中身は物悲しげな熟女達。多分夫の待つ戸塚の家に帰るんだろうね。もしくは横浜から相鉄に乗り換えて帰るのかな。赤プリやら六本木プリンスにウォークインで泊まれる時代じゃないと言うか建屋自体もない、タクシーで帰るなんてましてやと言う現実。

毎日舞浜で意味なくポップコーンのバケツ持ってる人とか、変な耳とかでっかい手とか付けてる悲しげな夢の国からの帰国者を見ますけどね、あれよりも数十倍悲しげな感じがしましたわ。

とにかく私が願うのは、またこういう時代来ないかな~。それだけです。若いうちは貯金してユニクロ着て100円回転寿司なんか食ってないで、借金してでもコムデギャルソンの2枚や3枚や買って大事に着て、ホテルのバーなんかで飲んだりして遊べばいいのだ。そうすれば日本は元気になる。

何はどうあれ、また行こう。このディスコイベント。

*そんな中、千葉パルコ閉店と言うニュース。千葉パルコなんてさ、今は行かないけど、全身幕張のアウトレットだけど、中高生の頃、お年玉握り緊めて、恐る恐るPPFMとかヒルテリックグラマーとか買いに行った大人の階段第一歩みたいな千葉県民の青春のメッカじゃんか。頼み方わからないフレッシュネスバーガー行ってみたりさ。おいおい今の中高生ってどんなライフスタイルを送っているのだろう。そういう登山とかしないのかな。そしてPPFMそのものがブランド消滅ってのう。ファイブフォックスのダメなところは、山形の新庄駅にまでコムサがある事。そしてコムサイズムが安すぎる。そんなんじゃマックと一緒。登山感がない。

スポンサードリンク

-FABULOUS TOKYO