TEPPEI101

Since 2004, TPE>TYO>BLR>DEL>TYO>CG*

12/16 QR117 787のビジエフ

2016/12/25

初のカタール!初の787!

さ、夜中着いて寝て、起きて買い物して帰ります。8月のAFに引き続き、T1に来る↓

大荷物のしょーもない系な人がいっぱい居て、古き良き出稼ぎ都市ドバイって感じがしていいよ。エキゾチック。エミのビジエフターミナルとは雰囲気が全く違う。

今のドバイの規模から考えると、2008年だか、つい最近までエミがここ使ってたんだろ。信じられない程小規模。ほんと物凄い勢いで拡張中。それに引き替え印度は超とろい。

スポンサードリンク

チェックイン、搭乗券くれない。荷物送ってくれない。何でお前は2か月あけずに印度に入れるんだー!とようわからん因縁をつけられ、待つこと45分?OKさー。クイックさー。スキルはしょーもないカタール↓

ターミナルに上がったらゲートの番号が全部変わってた。昔はT1が121とかそういう番号、T3が221とかその類、T3のA380コンコーススタートに伴い、ABCになったっぽい↓

アホなカタールの地上のせいで、全くもって免税店とか行く時間なし。ファイナルで乗り込む。L1繋がってないし↓


面白いのは、近距離便、何故かファーストエコノミーの2クラス扱いなのです。ビジ椅子でF運用。昔のSQもSIN>KULとかでこういう運用あったような。
さ、シート。シラスと同じかと思えば、それよりもかなり手の込んだ仕上げなんだよね↓

スクリーン固定、テーブルは前からスライドで出てくる、全部電動で動く等々。後方に2席だけ面白いシートがある。ロングだとこのバーカウンターにおつまみとか飲料が置かれるっぽい。

エンタメはリモコンがほぼスマホ↓

QRのウェルカムは、何故かラッシーが出てくる。カタールラッシー。泡を頼んだら、何かうまい。メニューにない、グラスで持ってくる、ブラインドテイスティングになるんだけど、このシルキーな泡、ドスの利いたウッディーな深さ、もしや、でもこんな羽田伊丹よりも短い距離で、そりゃないよなー。と思ったら↓

KRUG様出してきあがった。すげー。

モルトン↓

んで到着。8割方オバQでした↓

ドーハは雨。珍しいんじゃないかな↓

ドーハの空港、今のところ全部バスゲートしかないとのこと↓

しかしながら専用バスで快適に、歩かず、更にはスイスイ快適なビジエフ専用ターミナルでセキュリティ等々を考えると、かなり快適であーる。ドバイの混雑を考えると、ドーハトランジットっていいと思う。エミレーツとカタールの規模の違いってのもあるし、カタールの便数とネットワークってエミレーツには到底及ばないんだけど。

さて、この区間の運賃、単純にドバイ>ドーハを片道で買うと、AED3,800。そりゃKRUG出しても損はしねぇ。

ところがドバイ>ドーハ>印度という買い方をすると、AED1,800。意味がわからない。これが航空券のよくわからないシステム。
お、で初787の印象。A330よりは広い。A380とかA345, 346のような革命的な静かさはない。同じロールスロイスだから静かかなーと予想していたのですが、先っちょ乗った限りトリプルとそんなに変わらないような。。離着陸の時に耳にかかる圧がちょっと弱い?何が良いんだかよくわかんないけど、ロング乗ると湿度とか、違いがわかるらしい。

スポンサードリンク

-AIRLINES - Qatar Airways
-, ,